グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 健康診断・人間ドックのご案内  > 結果報告書の見方

結果報告書の見方

はじめに


健康診断は、病気の早期発見、早期治療のほか、検査結果から体の発する危険信号を察知することで生活習慣の改善を促し、病気を予防するといった大切な役割を担っています。
こちらでは「健康診断結果報告書」を、その後の生活改善に活用いただけるよう必要な知識をわかりやすく解説していきます。
ご自身の健康状態を正しく把握し、これからの健康管理に活かしていただければ幸いです。また、現在主治医のいらっしゃる方は「健康診断結果報告書」を担当の先生にみていただき、今後の治療方針の決定にお役立てください。

健康診断の結果報告書の見方

結果報告書はご受診した検査内容によって、14ページから30ページの可変冊子となっております。
(基本項目「法定検査」のみご受診した場合は14ページ、胃部検査を実施した場合は加えて2ページ、乳がん・子宮がん検査を実施した場合は加えて2ページという構成です)

【特 長】
見開きの1ページ目と2ページ目で健康診断の全体像をご覧いただけます。
3ページ目以降は左ページに各検査結果及びコメントを表示し、右ページにその検査内容の説明を記載していますので各検査の概要や目的が解り易い紙面となっております。

1ページ目

① 総合判定・医師からのコメント (今回実施していただいた検査項目で一番重い判定を表示しています)
② 検査項目判定一覧
③ 過去受診判定一覧
④ 判定区分

2ページ目

① 二次検査のご案内
② 外来診療科目 (ダイジェスト版)

3ページ目以降

① 各検査項目
② 基準値
③ 判定
④ 前回データ及び判定
⑤ 前々回データ及び判定
⑥ 今回コメント