グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 産業保健サービスのご案内  > 産業保健サービスについて

産業保健サービスについて

事業者の皆様へ

近年、働き方の多様化が進む中で、長時間労働に伴う脳・心臓疾患や精神障害の増加など従業員の生命や生活に関わる問題が深刻化しています。

それにつれて、事業者に求められる役割も多くなっているのです。

海上ビル診療所 事業者に求められる役割について

産業保健とは?

■企業等の場において事業者の責任で労働者に対して実施される保健活動です。

産業保健の目的

■すべての職業における働く人々の身体的、精神的および社会的健康を最高度に維持増進せしめること

■労働条件に起因する健康危害を予防すること

■健康に不利な諸条件から雇用中の労働者を保護すること

■労働者の生理学的および心理学的特徴に適合する職業環境に労働者を配置し、健康を維持すること

■これを要するに、仕事の人間への適合と、人間の仕事への適応を図ること


(ILO/WHO合同委員会1995年)

産業保健サービスに関するリンク

➡ くわしくはこちらへ

■働く人のメンタルヘルスポータルサイト「こころの耳」(厚生労働省)
 http://kokoro.mhlw.go.jp/

■厚生労働省(健康)
 http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/