グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 検査について  > 乳房の検査について  > 乳腺超音波(エコー)検査

乳腺超音波(エコー)検査

乳腺超音波検査(乳腺エコー)とは?

乳腺超音波検査の機械

乳腺超音波検査機械とモニター

画像検査の一つで、超音波を使って乳房内の腫瘤(しこり)の有無や腫瘤の形状・広がりなどを見ています。
また、腋窩(脇の下)リンパ節の腫れなども観察することができます。

機械から超音波を発し、乳房内からの反射(エコー)を画像にして観察します。
ご自身では気付きにくいような数ミリのしこりも見つけ出すことが可能です。

身体に影響をあたえる検査ではないため、どなたでも検査可能です。

■ 被ばくに抵抗がある方
■ 妊娠中の方
■ ペースメーカをご使用の方  など

乳腺超音波検査(乳腺エコー)でわかること

■ 腫瘤(しこり)
■ 乳腺症  など

検査方法

乳腺超音波検査室

乳腺超音波検査室

この検査は上半身裸で仰向けに寝て行います。超音波の通りを良くするために、乳房に検査専用のゼリーを塗り機械をあて、観察します。
使用するゼリーは化粧水とほぼ同じ成分で出来ています。