グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 診療所だより  > 乳がん検診を受けましょう

乳がん検診を受けましょう

海上ビル診療所 女性専用の婦人科診察エリア

女性専用の婦人科診察エリア

海上ビル診療所では乳がん検診を実施しております。

乳腺超音波検査とマンモグラフィは、女性専用フロアにご案します。
女性だけなので安心して受診できます。
検査担当スタッフはすべて女性です。
少しでも受診者の方の不安を和らげることができるよう努めています。


乳腺甲状腺科 田中礼子   

日本女性の壮年層(30から64歳)におけるがんによる死亡原因の第一位は、乳がんです。
毎年、5万人以上が乳がんと診断され、1万人以上が乳がんで命を落としています。
それなのに、日本での乳がん検診受診率は、主要な先進国が90%以上となっているのに対し、都道府県別に10%から30%台と極めて低いのです。

乳房は小さいので乳がんにはならない・家族に乳がんがいない・60歳を過ぎているから乳がんにはならない・マンモグラフィはすごく痛いと友達がいっていたので・検診に行くのは面倒・費用が高いなどと、検診を受診しない理由はさまざまです。

乳がんは、この20年で日本女性にとっても非常に身近ながんになってきました。乳房の大小にはよりません。80歳以上であっても乳がんにはかかります。もちろん家族性の乳がんはありますが、大半の患者さんは家族に乳がんはいません。マンモグラフィも確かに押されるとその何秒かは少し痛いですが、我慢できない痛みではありません。男性でもマンモグラフィは行うので、小さい乳房の人でも撮影技師が工夫してうまく撮ってくれます。

また、40歳以降に実施されている2年に1回の地方自治体での乳がん検診費用については市区町村によって異なりますが、無料のところもありますし、かなりの費用負担を軽くしてくれています。
(ただし、市区町村によって申し込み方法・費用など異なりますので、保健所などで確認しましょう)
また、去年からはマンモグラフィについては5年に1回無料クーポン券制度も始まり、費用負担についてもハードルは低くなってきています。

海上ビル診療所 乳腺超音波検査室

乳腺超音波検査室

海上ビル診療所 マンモグラフィ検査室

マンモグラフィ検査室

さて、乳がん検診の手段としては、代表的なものにマンモグラフィと超音波検査の2つがあります。
どちらが良いというよりも、それぞれに長所と短所があります。簡単にいうと、塊を見つけるのが得意なのが超音波検査、石灰化をみつけるのが得意なのがマンモグラフィとなります。
また、乳腺が密な人(20歳代、30歳代の大半、また40歳以上でも一部の人)では、マンモグラフィでは画像上乳腺組織と重なってはっきりした塊として見えてこないことがあるため、基本的な検診としては超音波を勧められることが多いです。そして、それぞれの検査の弱点を補うためには、特に乳癌発生率の高い40歳、50歳代は少なくとも隔年でマンモグラフィと超音波検査を行うことが推奨されています。

検診は特に自覚症状がない人が行うものです。時に、しこりを感じていてもあと2ヶ月後だからといって検診までとっておく人がいますが、それは間違いです。検診は申し込んだ検査しか行いませんし、検診施設と精密検査施設は異なります。自分でしこりを感じたり、異常を感じた場合は検診ではなく、病院を受診するようにしましょう。

乳がん検診の基本情報など詳しくは、以下のホームページを参考にしてください。

■ NPO法人 日本乳がんピンクリボン運動:http://www.j-posh.com/index.html

■ NPO法人 乳房健康研究会:http://www.breastcare.jp/

健康診断のご予約・健康診断に関してのお問い合わせ

【TEL】 03-3212-7610  【平 日】 9:00~17:00