2022/07/05【健診】新型コロナウイルス感染症防止対策について(更新)

当院では厚生労働省の通知に従って感染予防対策を講じております。
受診者様には引き続きマスクの着用、手指消毒などにご協力をお願いいたします。
今後の政府の発表や厚生労働省の方針により変更が生じた場合には、ホームページに掲載しますのでご確認いただくようお願い申し上げます。

当院では健康診断を安心して受診していただけるよう、以下の対策を行っております。
◆同時間帯の入場受診者数の制限、待合座席数の削減などを行い三密を避ける対策をしております
◆健診で使用する医療機器、ドアノブやロッカーなどの消毒をくまなく行っております
◆全ての職員において、手洗い・手指消毒・マスク着用・毎朝の体温測定を実施、発熱等の症状がある職員については出勤停止措置をとっております

〇下記に該当する方は受診をお断りしております ※同伴の方も対象となります。
・健診当日37.5℃以上の発熱がある、または2週間以内に37.5℃以上の発熱があった方
(発熱・・・平熱より高い体温、あるいは体温が37.5℃以上を目安とします)
・咳や息苦しさ、全身のだるさ、咽頭痛、鼻汁、鼻閉、頭痛、関節痛、筋肉痛、下痢、吐き気、嘔吐などの症状、味覚・嗅覚に異常がある方(風邪症状が持続している方も含みます)
・新型コロナウイルス感染症を発症後(または診断確定後)10日を経過していない方
・7日以内に新型コロナウイルス感染症および疑いのある方(自宅待機を含む)と濃厚接触した方
・帰国後、待機期間中の方(自宅待機を含む)
 →帰国後7日以内に受診希望の場合、別途確認事項がございます

■マスク着用
受診する際は、不織布マスクの着用をお願いします

■入場時の手指消毒と体温測定の実施
入場時に手指消毒をお願いしております。また、体温測定や問診も実施させていただきます。
さらに、健診中もトイレの前後や各検査の合間、退場直前などこまめな手洗いや手指消毒のご協力をお願いいたします。